赤坂・赤坂見附の歯医者ならササコ歯科クリニック

ササコ歯科クリニック

03-3586-8486
〒107-0052 東京都港区赤坂3-18-10 第二大坂屋ビル2階
赤坂駅、赤坂見附駅より徒歩3分

一般歯科
- General dentistry -

  • 診療内容
  • 一般歯科
  • 審美歯科
  • 予防歯科
  • 歯周病治療
  • 入れ歯
  • 当院の喜ばれている特徴
  • 院長ブログ
  • 初診の方へ
  • よくあるご質問
  • 医療費控除
  • プライバシーポリシー
  • 初診相談
  • 問診票

できるだけ歯と神経を保存する治療

できるだけ歯と神経を保存する治療

歯は人間が生きていく上で、とても重要な役割を果たしています。

当院では今ある歯をむし歯や歯周病から守るために、“できるだけ歯を削らない”“できるだけ歯を抜かない”“できるだけ神経を抜かない”治療を心がけています。

ところで"歯を保存するための治療"の大前提となるのが、早期発見・早期治療です。早目に治療できれば、歯を削る量は少なくてすみ、痛みもほとんどありません。

まず初診時には、口の中の状態を調べ、デジタルレントゲンを使ったレントゲン撮影を行い歯と骨の状態を確認します。従来のレントゲンに比べて画像が鮮明ですので、今まで気づかなかった病巣も見逃すことがありません

これらの検査の結果をもとに、神経を残せるかどうか判断しながらできるだけ歯を保存する治療を行っています。

染めだしを使ったできるだけ歯を削らない治療

染めだしを使ったできるだけ歯を削らない治療

できるだけ歯を削らないために、染めだしを使い、むし歯の部分だけを削っていきます。

むし歯の進行には2つのタイプがあります。一つはじわじわと全体に広がっていくタイプ。もう一方は、ドリルのように歯の内側に深く入り込んでいく疝痛性があります。

疝痛性のむし歯は、見た目は小さな穴でも、実は深くまで細菌が侵入しています。そのため目で見ただけでは分かりにくいうえ、表面を削っただけでは細菌を取り除くことができません。

そこで染めだしを使い、奥深くまで侵入した細菌を完全に削り取っていきます。こうすることで削る量を最小限に抑え、できるだけ歯を保存する治療を可能にしています。

根管治療でできるだけ歯を抜かない

根管治療でできるだけ歯を抜かない

むし歯は感染症の一つですので、きちんと処置しなければ、後々のトラブルにつながります。とくに神経を抜いた後の歯はもろく、寿命も短くなりがちです。

当院では神経を抜いた歯でも、できるだけ長期間保存ができるように、徹底した根管治療を行っています。

治療では根管内の細菌を根気よく取り除き、何回も薬を取り変えながら殺菌していきます。そのため他の歯科医院に比べると治療期間が長引くかもしれません。

それも患者さんの大切な歯を守るためですので、ご理解いただければと思います。

からだに優しいレントゲン~デジタルレントゲン

デジタルレントゲン

むし歯の進行状況は患者さんごとに異なります。今は気がつかなくても、1年後には大きなむし歯ができているかもしれません。いつ、どのような状態に変化していったか確認するためにも、レントゲン撮影は欠かせません。

当院ではデジタルレントゲンを使った、からだに優しい診断を行っています。

デジタルレントゲンの放射線量は通常のレントゲンの4分の1程度ですので、1回の放射線量はごく微量。患者さんのからだに負担がかかりません。

撮影後も患者さんをお待たせすることがなく、しかも画像が鮮明ですので、従来のレントゲンでは分からなかった病変さえ見逃すことがありません。

港区「お口の検診」実施歯科医療機関

港区「お口の検診」実施歯科医療機関

当院は港区の「お口の健診」実施歯科医療機関の指定を受けています。
この検診は港区が実施している歯の健康診断で、年2回、指定医療機関で受診できます。

検診内容は問診・歯の診査・だ液の検査・噛む機能の検査・舌の汚れの検査を行い、検査結果の説明とお口の健康指導を行います。20歳以上の港区民でしたら、どなたでも受診できます。

あわせて60歳以上で通院が困難なかたには訪問健診も受診できます。寝たきりのご家族がいるかたは、お気軽にお問い合わせください。
なお、当院では各種保険取を取り扱い、急患も随時受け付けております。

PageTop