トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛くないむし歯治療

究極の痛くない治療は早期発見・早期治療

究極の痛くない治療は早期発見・早期治療

歯を治療するとき、できるだけ小さなむし歯の方が削る量が少なく治療中・後の痛みもほとんどありません。

しかし歯の深い部分がむし歯に感染していると、大きな穴を開け、神経を取らなければなりません。もちろん痛みを与えないよう麻酔注射をしますが、それでも治療後に痛みが伴うことがあります。

多くの人は、むし歯の大きさを痛みの強弱で判断しますが、痛みの度合いとむし歯の大きさはあまり重要ではありません。

痛みが少なくても大きな穴が空いていることもあれば、一見小さなむし歯に見えても神経まで進行し、強い痛みを伴うこともあります。当然、神経に近ければ近いほど深く削らなければならず、時には神経を抜くため、治療後の痛みも伴います。

つまりむし歯が深くなればなるほど痛みが伴ってくるのです。もし早目にむし歯が見つかれば、神経に達する前に治療ができますので、痛みも伴いません。

当院では早期発見・早期治療の大切さをお伝えするとともに、できるだけ痛みが少ない治療を心がけています。

痛くない注射
温めた麻酔液で注入時の痛みがない

痛くない注射

痛くない注射「麻酔注射の針を刺すときのチクっとした痛みがイヤ」
ほとんどの患者さんが、そうおっしゃいます。

でも安心してください。当院では麻酔注射をするときには、患者さんに痛みを感じさせないために様々な工夫をしています。

麻酔針には一番細い針を使い、麻酔を打つ前には表面麻酔で刺すときの痛みを軽減しています。さらに麻酔液は体温に近い温度に温め、ゆっくりと注入していきますので、薬が入っていくときの不快感がありません。

温めた麻酔液で注入時の痛みがない

温めた麻酔液で注入時の痛みがない麻酔液を注入するときに痛みや不快感があるのは、麻酔液が冷たいためです。

当院では温めた麻酔液を使っていますので、薬を注入したときの痛みや不快感がほとんどありません。

麻酔液の温度は体温と同じ37℃。いつでも対応できるよう、常に器械で温めています。麻酔液と体温の温度差がほとんどありませんので、体内に麻酔液が注入されたときの痛みや不快感はほとんどありません。

関連ページリンク

当院が選ばれる理由
一般歯科審美歯科ホワイトニング歯周病治療
予防歯科(クリーニング)入れ歯痛くないむし歯治療短期集中治療
初めての方へよくあるご質問料金表医療費控除

ドクター紹介・経歴
院内ツアーアクセス・診療時間採用情報
プライバシーポリシー

初診相談を行います

初診相談のお申し込み、ご予約はこちら

このページのトップへ


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛くないむし歯治療


コールバック予約