トップへ » 当院が選ばれる理由 » 一般歯科 » 染めだしを使ったできるだけ歯を削らない治療

染めだしを使ったできるだけ歯を削らない治療

染めだしを使ったできるだけ歯を削らない治療できるだけ歯を削らないために、染めだしを使い、むし歯の部分だけを削っていきます。

むし歯の進行には2つのタイプがあります。一つはじわじわと全体に広がっていくタイプ。もう一方は、ドリルのように歯の内側に深く入り込んでいく疝痛性があります。

疝痛性のむし歯は、見た目は小さな穴でも、実は深くまで細菌が侵入しています。そのため目で見ただけでは分かりにくいうえ、表面を削っただけでは細菌を取り除くことができません。

そこで染めだしを使い、奥深くまで侵入した細菌を完全に削り取っていきます。こうすることで削る量を最小限に抑え、できるだけ歯を保存する治療を可能にしています。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 一般歯科 » 染めだしを使ったできるだけ歯を削らない治療


コールバック予約