トップへ » 当院が選ばれる理由 » 審美歯科 » からだに優しいノンメタル治療

からだに優しいノンメタル治療

ノンメタル治療健康保険で行う奥歯の治療では、歯を削った後は金属(金銀パラジウム合金など)の詰め物や被せ物を入れます。

ほとんどのかたは問題ないのですが、まれに口の回りや手に現れる湿疹(金属アレルギー)が現れることがあります。

アレルギーの原因は被せ物などに含まれている有害物質。唾液による金属の酸化や、噛み合せによる摩耗により、有害物質が溶け出すのです。

実際、口の中から金属類を一切取り除いたら、アレルギーも消えたという報告もあります

また金属の土台や被せ物が溶け出すことによって歯を黒く染めてしまったり金属タトゥーと言われるような歯ぐきの黒ずみを引き起こすこともよくあります。

当院では患者さんのからだに優しい治療を心がけていますので、アレルギーを引き起こす原因となる金属を使わないノンメタル治療を行っています。

被せ物や人工歯の素材には最も強度が高く審美性にも優れたジルコニアなどを使い、土台には強くてしなやかさがあるファイバーコア・ポストなど多数揃え、患者さんのご要望に応じてお選びいただけます。

耐久性・審美性に優れ、からだにも優しい素材ですので、金属アレルギーをお持ちのかたは、ぜひご相談ください。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 審美歯科 » からだに優しいノンメタル治療


コールバック予約