トップへ » 当院が選ばれる理由 » 審美歯科 » 強くて美しくしなやかなファイバーコアポスト

強くて美しくしなやかなファイバーコアポスト

ファイバーコアポスト大きなむし歯を治療するときは、歯を削り神経を抜いた後、柱となる土台(コアー)を入れ、その上からクラウン(さし歯)を被せます。

一般的には硬くて折れにくい金属の土台(メタルコアー)が使われています。しかししなやかさに欠けるため、強い衝撃が加わると歯根が折れたり割れたりすることがあります。

一方、人間の歯や歯根には弾力性やしなやかさがあり、よほど強い衝撃でなければ折れたり割れたりすることはありません。

そこで開発されたのが「ファイバーコアー」です。これはグラスファイバーを使用した土台で、歯と同程度の硬さと弾力性があり、強い衝撃から歯根を守ってくれます。

なおファイバーコアーは光を透過し、オールセラミックと組み合わせて使用することで透明感がある、より天然歯に近い人工歯に仕上がります。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 審美歯科 » 強くて美しくしなやかなファイバーコアポスト


コールバック予約