トップへ » 当院が選ばれる理由 » 入れ歯 » インプラント治療を行わない理由 その2

インプラント治療を行わない理由 その2

インプラント治療を行わない理由インプラントは失った歯の機能を回復する有効な治療です。しかしあごの骨に穴を開ける手術ですので危険が伴い、時間と費用もかかります。

患者さんへの負担などを考えると、インプラントが必ずしもベストな治療だとは思えません。実際、入れ歯やブリッジなど、負担がかからない治療方法もあります。

かりに奥歯を1本だけ失ったとき、果たしてインプラントが必要でしょうか?
場合によっては入れ歯を入れるだけで済んでしまうこともあります。

様々な症例を診てきた経験上、本当にインプラントを必要としているケースはごく限られています。

患者さんにとって本当に必要な治療は何か。それを考えていくと、まず、入れ歯やブリッジなどリスクの少ない方法を提案するのが本来の治療なのでは?と思います。

このような理由から、当院では失った歯の機能回復を行うときは、まず入れ歯やブリッジなどリスクの少ない治療方法を提案しています。その上で、どの治療方法を選ぶかは、患者さんに判断していただきます。


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 入れ歯 » インプラント治療を行わない理由 その2


コールバック予約