トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛くないむし歯治療 » 究極の痛くない治療は早期発見・早期治療

究極の痛くない治療は早期発見・早期治療

究極の痛くない治療は早期発見・早期治療

歯を治療するとき、できるだけ小さなむし歯の方が削る量が少なく治療中・後の痛みもほとんどありません。

しかし歯の深い部分がむし歯に感染していると、大きな穴を開け、神経を取らなければなりません。もちろん痛みを与えないよう麻酔注射をしますが、それでも治療後に痛みが伴うことがあります。

多くの人は、むし歯の大きさを痛みの強弱で判断しますが、痛みの度合いとむし歯の大きさはあまり重要ではありません。

痛みが少なくても大きな穴が空いていることもあれば、一見小さなむし歯に見えても神経まで進行し、強い痛みを伴うこともあります。当然、神経に近ければ近いほど深く削らなければならず、時には神経を抜くため、治療後の痛みも伴います。

つまりむし歯が深くなればなるほど痛みが伴ってくるのです。もし早目にむし歯が見つかれば、神経に達する前に治療ができますので、痛みも伴いません。

当院では早期発見・早期治療の大切さをお伝えするとともに、できるだけ痛みが少ない治療を心がけています。

痛くない注射
温めた麻酔液で注入時の痛みがない


トップへ » 当院が選ばれる理由 » 痛くないむし歯治療 » 究極の痛くない治療は早期発見・早期治療


コールバック予約