トップへ » ドクター紹介・経歴 » 院内ツアー » 麻酔

麻酔

麻酔注射の痛みや不快感をできるだけ避けるために、麻酔液は常に体温に近い温度に温めています。また、使用する麻酔針はできるだけ細いものを使用し、麻酔前の表面麻酔を併用するなど、患者さんに痛みを与えない努力をしています。


トップへ » ドクター紹介・経歴 » 院内ツアー » 麻酔


コールバック予約