赤坂・赤坂見附の歯医者ならササコ歯科クリニック

ササコ歯科クリニック

03-3586-8486
〒107-0052 東京都港区赤坂3-18-10 第二大坂屋ビル2階
赤坂駅、赤坂見附駅より徒歩3分

セレック治療
- CEREC -

  • 診療内容
  • 一般歯科
  • 審美歯科
  • セレック治療
  • 予防歯科
  • 歯周病治療
  • 入れ歯
  • 当院の喜ばれている特徴
  • 院長ブログ
  • 初診の方へ
  • よくあるご質問
  • 医療費控除
  • プライバシーポリシー
  • 初診相談
  • 問診票
  • インスタグラム

メタルフリーのために

治療にかかる時間が短い

数年前から口の中の金属が問題視されるようになってきています。欧州の国ではパラジウムの使用を控えるような勧告がされていたり、妊婦や小児には使用を禁止する国も出てきています。
パラジウムは日本の保険診療で最も使われている金属です。

ササコ歯科クリニックではセレックを導入し、費用をおさえてセラミックによる治療が行えるようになりました。

セレック治療の特徴

1.治療にかかる時間が短い
治療にかかる時間が短い

詰め物の場合、ほとんどの治療は約1時間で終わるほどスピーディー。
1回の通院で修復物をセットできるため、通院の手間もありません。

 
2.高品質なセラミックブロックで作製され高耐久
高品質なセラミックブロックで作製され高耐久

規格生産されたセラミックブロックを使用するため、とても高い耐久性を持ちます。
15年後の残存率を調べた臨床研究によれば、通常の治療では約68%なのに対し、セレック治療は約93%と非常に高い結果を出しています。

 
3.歯科技工所に依頼しないため経済的
歯科技工所に依頼しないため経済的

セレック治療では修復物を歯科医院で作製するため、歯科技工所に依頼することがありません。
経費を削減できるため、比較的リーズナブルにご提供できるのです。

 
4.ほとんどの工程がデジタルであるため精度が高い
ほとんどの工程がデジタルであるため精度が高い

今までは型取りをして模型を作りその模型上で製作するためそこにズレやヒューマンエラーが出ることがありましたが、ほとんどの工程をデジタル化し、また製作もミリングマシンで行うため精度の高い製作物ができます。
精度の高い製作物は耐久性も上がり、また二次的な虫歯の予防や歯周病の予防に貢献します。

 
5.デジタルスキャンで型取りも苦しくない
デジタルスキャンで型取りも苦しくない

トレーを使用する型取りは苦しかったり、嘔吐反射で吐き気をもよおしたりということがありますがセレックはカメラで撮影(3Dスキャン)するだけですのでほとんどそのようなことがありません。

料金表(セレック治療)

項目・内容 治療費
セレックインレー小臼歯 39,000円
セレックインレー大臼歯 45,000円
セレッククラウン前歯 85,000円
セレッククラウン小臼歯 72,000円
セレッククラウン大臼歯 78,000円

※上記は全て税別となります。

※インレのーの場合治療時間60分程度、当日に治療が完了します。もちろん2回に分けての診療も行えます。
クラウンは基本的に翌日以降のセットになります。
歯や歯茎の状態により、治療期間が前後することがございます。何卒ご了承願います。

※セレックの保証は1年間です。2年目は半額にて承ります。

※虫歯や歯周病などでの再治療の場合は保証の対象外になることがあります。

なぜ金属は体に害があると言われてきているのでしょう?

治療にかかる時間が短い

常に湿っている口の中で金属はイオン化して溶け出します。
溶けた金属は体の中に溜まり、金属アレルギーやその他体の不調の原因になることがあります。
アトピー性皮膚炎や掌蹠膿疱症などです。
また口の中の金属は電流を発生する場合があります。
この電流は脳波を乱し自律神経を狂わすことがあり、その結果、体の疲れ、不眠、イライラといった神経症状をひき起こすと言われています。
こういった症状がある場合は自律神経失調症や更年期障害と診断されることが多く、そのため症状が消えず長引くことがあります。
このように内科や皮膚科で治らないような症状がある場合は口の中の金属が原因である可能性があるのです。
また金属を取り付けるのにセメントを介します。金属のイオン化や電流によりセメントが劣化し隙間ができやすくなります。その隙間に虫歯の菌が入り込みまた虫歯ができてくるということもあります。

即日にセラミックの詰めものを入れられる利点

  • 仮詰め期間がなく汚染の心配がないので清潔で安心
  • 従来ですと後日に装着のため、洗浄、乾燥の水や風による不快な痛みが別途ありましたが、治療時の麻酔が効いたまま補綴物(詰め物等)を付けられるのでその苦痛がない
  • 歯科治療のための通院が減る
  • 体に優しい素材(セラミック)で治療が可能 ・長期安定性が実証されているセラミックなので安心
  • セラミックは金属と違い、冷たい・熱い等の刺激がないので殆どしみない、その分神経にも優しい
  • 電気を発しないのでセメントの分解崩壊を生じないので長持ちする
  • 色が金属色でないので奇麗
  • 保険で短命の素材でやり直しを繰り返すことを考えると長期的視点で見ると経済的
よくある質問

長持ちするのはどれですか

視点によって変わります。
歯と神経に優しく、歯が長持ちするのはセラミックです。
ほぼ壊れることがないのは金属です。

 

セラミックと金属で歯への影響はそんなに違うものですか?

金属は口の中で溶け出していくので適合が悪くなっていきます。 また最も大きな違いは付け方です。 金属は合着といって金属にセメントを介して噛み合って摩擦で維持するため セメントの劣化により隙間ができやすくなります。その隙間に虫歯菌が入り込みまた虫歯ができてきます。 セラミックは接着、つまり化学的に結合するためセメントの劣化が少なく 隙間ができにくいため虫歯になるリスクを減らすことができます。

 

金属は体に良くないのですか?

保険で使われている金属はパラジウムや銀が多く使われています。 金属は口の中で溶けて体の中で溜まっていきます。 それにより金属アレルギーを引き起こす可能性があります。 また、金属同士が触れ合うと電気を発生することがあります。 この電流が脳波を狂わせ頭痛や原因不明の体調不良を起こすことがあるという報告もあります。 先進国では近年、パラジウムなどの重金属は口の中での使用が禁止され始めています。

 

なぜ日本でそういう金属が使われているの?

国の予算の都合などから保険診療で使われるものはなかなか変わりません もともと保険診療が無かったり保険診療の金額の上限が決まっている国も多いため 他の先進国では金属の使用の制限がしやすかったのではないかと思います。

PageTop